ウィークリーリーディング 毎週月曜朝8時更新!

前回のグレート・コンジャンクション後に知り合った【私の人生を変えた人】と今回のグレート・コンジャンクション前に縁が切れた話 – あらいぐま日誌🦝📚🖊

+7

こんばんは。あらいぐま(@araigumatarot)です🦝
皆様、お元気ですか?😊✨

先日アップロードした11月マンスリーリーディング(もどき)や恋愛リーディング、12月のマンスリーリーディング動画をご視聴してくださった方本当にありがとうございました!
チャンネルの更新にムラがありながらも、あらいぐまを見捨てずに動画をご視聴くださる皆様方へは感謝の気持ちでいっぱいです🙇
先程確認したところ、12月のマンスリーリーディング動画の再生回数が3000回を上回っており、感無量…✨ありがとうございます!

あらいぐま

「まだ観てないよ!」という方はこちらよりどうぞ

さて今回はタロットではなく「占星術」をメインテーマに体験談込みで日誌を綴りたいと思います。
近頃、YouTubeやSNSなどインターネット上で占星術が好きな人達の間で「今月末に『グレート・コンジャンクション』が起きるよ!」と騒ぎになっています。「ホロスコープ全然分かんないよ!」という方でも一度は見聞きしたことがあるのではないかなと思います。
中には「二極化が起きる。」「皆さん乗り遅れないで!」と情報発信をされている方もおられる様ですが、確かにカードリーディングや星読みを通じて「切り替わり感」はあるものの、私は正直そこまで騒がなくても良いのではと思っています(笑)(楽しみではあるけど、騒ぎすぎ・モノによっては情報盛り過ぎとも思う。)
長文になってしまったので、お時間ある際にご覧頂けますと幸いです🦝

「グレート・コンジャンクション」で何でこんなに騒がれてるの?

この「グレート・コンジャンクション」というのは、土星と木星という月や水星など動きが早い天体と比べて、何年も同じ場所に鎮座してなかなか動かない天体同士が同じ場所にガチャっと重なり合う現象を指します。「グレート・コンジャンクション」自体は20年毎に一度起こる現象なので、個人的にはそこまで珍しくも無いのかなと思っているのですが、その「グレート・コンジャンクション」が20年振りに今月22日3時頃に水瓶座で起こります。

何でこんなにワーワー騒がれているのかと言うと「水瓶座で起こる。」というのがポイントで、過去240年の間は主に地星座(牡牛座・乙女座・山羊座)で「グレート・コンジャンクション」が起こっていたのですが(でもその間も水星座と火星座で起こったことも数えるくらいだけどある。)今月の「グレート・コンジャンクション」を皮切りに今まで地星座で起こっていたものが風星座(双子座・天秤座・水瓶座)へと完全にスイッチする(240年振りにエレメントが変わる⇒グレート・ミューテーションと言います。)ことから、こんなにも盛り上がっている…という感じなのです。確かにそこに立ち会えるということは貴重な経験だと思います。この「グレート・コンジャンクション」が起こった後に起きそうなこととして「今まで当たり前にあった組織が編成される。」、「お金の価値が変わる。」などの予想が出ていたりするのですが、リアリストのあらいぐまとしては

あらいぐま

来年(何なら実際に影響が出始めるのは再来年以降だと思っている)になってみないと、何とも言えなくない?

と思っているところがあるので、あまり騒ぎ立てることなく静観しています(笑)

< 訂正 >


このツイートを読むまで完全に誤解しておりました!
大変失礼致しました<(_ _)>





先にお伝えさせて頂いた様に、この「グレート・コンジャンクション」は20年前の2000年にも起こりました。当時あらいぐまは中学生で、勉強なんかそっちのけで丁度部活とタロットにのめり込んでいましたが、20年前に牡牛座で起こった「グレート・コンジャンクション」の影響を受けて人生が大きく好転したという経験があります。未来予測も楽しいと思いますが、この「グレート・コンジャンクション」を今月迎えるにあたり、今回は自身の「グレート・コンジャンクション体験談」を綴って行きたいと思います。

あらいぐまの「グレート・コンジャンクション」体験談

まず、2000年5月28日に「グレート・コンジャンクション」が牡牛座で起こった時(リアルタイム)は特に何も変化はありませんでした。
後になって2000年5月28日時点での天体の配置と、あらいぐまが生まれた時の天体の配置(出生図)を照らし合わせて読んだ時に(「トランジット(経過図)」と言います。)分かったことの中で気になった点は、

  • 「スタート」を表す「アセンダント(Asc)」という場所に冥王星という強力なパワーを持つ天体がボンっと乗っていた。
  • この「グレート・コンジャンクション」があらいぐまの出生図上の6ハウス:日常生活を表すハウスで起こった。

この2点でした。
冥王星というのは、タロットカードで言うと「死神」のカードが該当します。
死神
YouTube動画で良くお伝えしていますが、このカードは「死と再生」というキーワードが含まれ「今まで築き上げられてきたものが一度破壊され、新たなものが生まれる。」などと解釈することが多いのですが、私は「グレート・コンジャンクション」が起きてからその丸一年後に実際に大きな変化を体験しました。しかも私の場合、アセンダントに天王星がドンっと乗っている状態で生まれたので、冥王星のパワーとミックスされたせいかサプライズもありました(笑)
また2000年の「グレート・コンジャンクション」はあらいぐまの出生図上の6ハウス:日常生活を表すハウスにて起こりました。土星は「先生」と呼ばれる程にその人に応じた試練を与える厳しさのある天体として知られ、その試練を乗り越えた際には大きな恩恵を与える「ツンデレ(?)」要素もあります。当時は本当に辛いことが多かったのですが、自分なりに耐え努力したので「グレート・コンジャンクション」が起こった1年後に恩恵を受けることが出来たのかなとも思えます。

まずここで言う「」というのがあらいぐまの場合は「中学時代の生活・その頃の行動パターンや思考パターン」に該当すると思っています。私はごく普通の中学校に通っていましたが、自分がぶっ飛んでいるせいで(?)周囲となかなか馴染めず3年間非常に苦労しました。詳細は伏せますが、当時は自宅でも気持ちを落ち着かせたり体を休めることもままならず、家にいても外にいる時の様に常に肩に力が入っている状態だったので、今思い返しても非常に苦しかった記憶が鮮明に蘇ってきます。(今となってはこの辛い経験があったからこそ、タロットと仲良くなれたとも思える。)

そんな中、牡牛座で「グレート・コンジャンクション」が起こり、リアルタイムでは何も体感出来ず、

中学生のあらいぐま

このまま苦しい状況が続くのだろうか?
と失望していたのですが、次の年に私の生活を大きく変えることとなる人物との出逢いがありました。
ここでも詳細は伏せますが、その人物と初めて会った時のお互いの第一印象は最悪(笑)で、お互いに「こいつとは絶対に仲良くなれない。」と思っていました(笑)
しかし実際に話してみたら、住んでいる地域が同じであったり、また趣味や好きな音楽が同じだったりと意外にも合致するところが多いことが判明し、そこから一気に仲が深まり学生生活を終えてからも長年に渡り互いの人生を共有し合い、明るく楽しく過ごすことが出来ました。中学時代の暗く辛い生活から一変し華やかになり、気持ちの浮き沈みも徐々に無くなり安定し「誰かの支えになりたい。」と思える程に心が回復していきました。この出来事が6ハウスでの土星と木星の「グレート・コンジャンクション」の影響を受けていて、またトランジット冥王星の「再生」とネイタル(出生図)天王星がコンジャンクション(合)となり「サプライズギフト」として贈られて来たのかなと解釈しています。しかも、私は太陽星座が乙女座で「グレート・コンジャンクション」が起こった牡牛座とは調和の関係にあるので、エネルギーを受け取りやすい状態にあったとも捉えられます。天体のエネルギーって凄い。




「で、今は?」と言うと、タイトルにもあります様に、青春時代を共に過ごしたその方とは2018年年末頃に自然と連絡を取らなくなり、現在絶縁状態です。諍いが生じたということでもなく、自然と距離が出来ました。しかしながら、不思議なことに悲しみを感じることもなく「私の生活を大きく好転させてくれたことへの感謝の気持ちだけが残っている。」という感じで、特に連絡を取ろうとも思っていません。(元々「去る者追わずタイプ」ってのもある。)
流石にこの時期に縁が切れたことが「今回の『グレート・コンジャンクション』と大いに関係します!」と言ってしまうと、それこそ「当てつけ」になってしまいますが、

あらいぐま

2017年12月20日から2020年12月17日まで山羊座に滞在している『土星』のエネルギーが効いてたのかな?
と感じているところがあります。今回の「グレート・コンジャンクション」もそうですが、あらいぐまの場合、出生図上の2ハウス:所有物を表すハウスで土星と木星がガチっと重なり合い「グレート・コンジャンクション」が起こります(「所得」にも関係するハウスなので、やや緊張しています(爆))。しかしながら土星自体は2017年12月から出生図の2ハウスに今現在も滞在中なので、分かりやすく言ってしまうと

グレート・コンジャンクションが起こる前に君の周囲にあるものや手荷物をしっかり整備したまえ!不要なものを新時代に持ち込むでない!

土星

というメッセージを2017年頃から送られて来ていた様にも感じます。「今月のグレート・コンジャンクションに備えろ!」という感じ。
また2ハウスは奇しくも元々牡牛座のハウスでもあり、その牡牛座のキーワードが「五感」でもあるので、もしかしたらその方は昔と変わらずにずっといたのかも知れないけれど、私のその方へ抱く感情や感覚が日を追う毎に変化し調和を保てなくなってしまったのかも知れません。全てが天体のエネルギーの影響と言うつもりもないですし細かな部分は分かりませんが、結果としてその方と私は今回の「グレート・コンジャンクション」を前に離れることとなりました。おそらく今後会うこともないと思います。「これが今回の『死』に該当する部分なのかなぁ?(言い方悪いですが)」ともなんとなく感じます。しかし、御縁が切れても私にとってはこの方なしでは今の私はいなかったと思います。
皆さんも2017年頃を思い返してみると「メッセージが届いてた!」などと気づきがあるかも知れません。もしかしたら2017年頃から何か努力されていることがあったり、私の様に御縁に整理を掛けた方もいらっしゃるかも知れませんね(私は冥王星が絡んでいたのもありますが)。

以上、かなりざっくりとした内容ではありますが「グレート・コンジャンクション」に関する実体験をお伝えさせて頂きました。もし自分の「出生時間」が分かる方は、トランジット(経過)で「自分の出生図上の【どこで】『グレート・コンジャンクション』が起こるのか?」をチェックしておくと良いかも知れません。今回の「グレート・コンジャンクション」が起こるタイミングで、特に20年前の私の出生図の様にアセンダントにトランジット(経過)のトランス・サタニアン(天王星・海王星・冥王星のいずれか)】がボンっと乗っている場合は、今後の人生に大きな変化が起こる可能性があると言えます(特に天王星と冥王星)。

あらいぐま

←実際に人生に変化が起きた人
私はおおよそ1年後でしたが、早ければ「グレート・コンジャンクション」が起こってから2~3ヶ月後に変化が見られると思います。そして「どういったところに変化が起きるのか?」ということを「『グレート・コンジャンクション』が起こるハウス」である程度把握出来るので、是非チェックしてみてください。
2000年頃の記憶を辿るのも難易度が高いと思いますが、他の星座の方に当時どうだったか、何か変化があったか聞いてみたいところではある(爆)。

あらいぐま

情報提供、宜しくお願いしまーす!

ざっくりだけど各ハウスのキーワードを挙げてみた

キーワード
1ハウス自分自身・個性
2ハウス所得・所有物・五感
3ハウス学業・知性・コミュニケーション
4ハウス家庭・安心出来る場所
5ハウス恋愛・趣味/娯楽
6ハウス健康・職場環境・日常生活
7ハウス結婚/離婚・ビジネスパートナー
8ハウス財産・遺産
9ハウス哲学・海外・転職
10ハウス社会・地位
11ハウス仲間・交友・ボランティア
12ハウス潜在意識・裏方(縁の下の力持ち的な役目)

とりあえず、まったり様子見で。

ここまで長々と語ってしまいましたが、もし今気持ちが落ち込んでいたり、人生に希望が持てないという方がいらっしゃいましたら、私の様に天体のエネルギーの影響で状況がガラっと大きく好転するケースもありますので、ご自身を追い込まずにまったりと様子を見ましょう。さまざまな情報が飛び交っていますが、特別焦る必要もないと思いますしプレッシャーに感じる必要もないと思います。わくわくしながらまったり待ちましょ!

ここまでご覧頂き、ありがとうございました!
それでは、また🦝

あらいぐま

ここまでご覧頂き、ありがとうございました!
ご不明点等ありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせくださいね!

\ サポート機能を導入しました! /


\ YouTubeチャンネルSNSアカウントも要チェック! /


クリックで応援お願いします!(任意)
にほんブログ村 その他趣味ブログ タロット占いへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

各カテゴリ詳細ページ

あらいぐま

YouTube関連、お問い合わせ等に関する詳細は、
以下のメニューよりご参照ください🌠


+7

コメントはお気軽にこちらへどうぞ♪